二次会景品

二次会の景品はその二次会に参加する年齢や人数、男女比などによって変わってきます。また、その二次会の会費が基本的には二次会の予算になりますので、その限られた予算内でゲストに喜ばれる景品を揃えることが必須となります。

二次会景品で準備する景品は金額別で分けるとすると4つのカテゴリーになります。まずは1万円前後で用意できる景品です。1万円前後で用意する景品はいわばその二次会の目玉商品にあたります。定番のテーマパークペアチケットに始まり、温泉旅行や高級食材などが挙げられるでしょう。

コーヒー次のカテゴリーとして5千円前後で用意できる景品です。こちらは目玉商品とまではいきませんが、もらったら絶対に嬉しい景品を揃えるのが絶対です。具体的なところだと、加湿器やギフトカタログ、コーヒーショップのプリペイドカードなどが挙げられます。

あとの二つは3千円と千円前後で用意できる景品です。3千円前後だとタンブラーや電器ケトルといった商品があり、千円前後だと入浴剤や図書カードなどが定番です。

どの景品を選ぶにしても、やはりゲストがもらって喜ぶものが良いですので、主催する二次会の年齢層などもしっかり確認した上で全員に喜ばれる景品を選ぶようにしましょう。また、最近では二次会景品専門のサイトがあります。会場直送サービスも行っているところもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

「参照リンク」二次会景品専門サイト:マイルーム

 

定番商品

結婚式の二次会などで一番盛り上がる景品ですが、普段ゲスト側として参加していると実際にどういう景品が喜ばれるのかとはあまり考えないと思います。また、どのような景品が定番なのか?など分からないことも多いです。もし、自分が幹事側になった時に困らないように今回はみなさんに二次会景品の定番商品をご紹介させていただきます。

コヒーカップまず定番中の定番と言えば、テーマパークのペアチケットです。この景品は誰もが認める定番ですし、もらって喜ばない人はいませんので絶対におすすめです。 新郎新婦の幸せのおすそわけという意味もこめて、この定番景品のポイントはペアであることについても忘れてはいけません。

次に定番景品と言われているのが、ギフト券。このギフト券は、テーマパークのペアチケットほど盛り上がりはしませんが、ギフト券であることから、もらう側はそのギフト券を自分が欲しいものに使うことができますので、絶対にこちらのギフト券もおすすめです。

最後は日用品。日用品と言っても生活する上で絶対に必要なものではなく、あれば便利という商品が景品としてはおすすめです。 欲しいけれど自分では高くて買わない商品やあったらいいなと思っていたけれど自分では見つけられなかったという商品など、景品のラインナップとして、幹事のセンスを発揮できる景品と言えるでしょう。

二次会景品の選び方

結婚式の二次会で幹事を任された経験はありますでしょうか?幹事は当日の司会を担当することはもちろん、二次会のスケジュールから企画まで全て行いますので、非常に重要な役割ですし、失敗が許されません。なかでも、二次会でビンゴなどのゲームを行う場合は、その景品選びも幹事の重要な役割です。そこで、二次会の中でも特に盛り上がるビンゴ大会などで必要となる景品についてみなさんにご紹介させていただきます。

お城二次会の景品は何回幹事をやっても迷うほど選ぶのが難しいです。まず、二次会景品の選び方で基本とすることがあります。それはメインの賞品だけを思いきり豪華にする一点豪華主義です。ビンゴなどの商品を紹介するだけでも二次会会場が盛り上がるので、この一点豪華主義は非常に有効な方法と言えるでしょう。しかし、二次会の予算はこの景品の予算に多くかけてしまいますので、あまりにもメインの景品ばかりに予算を使いすぎるのも良くありませんので、そこのバランスは見てあげましょう。

豪華賞品といえば、テーマパークのペアチケットやギフト券、電化製品や高級食品などが挙げられるでしょう。対して、その他の賞品では実用的な雑貨やプリペイドカードなどが挙げられます。それぞれのバランスを考え、どの景品ももらって喜ばれるものを選びましょう。当サイトでは、二次会の景品の定番や、おすすめのアイテム、金額ごとのアイテム例などを紹介します。二次会の幹事を任されて景品選びにお困りの方は、ぜひご参考ください。